充実してます!機内エンタメの日本語ラインナップ

お客様や旅行会社などのパートナーの皆様から良く聞かれる質問の中に、「機内エンターテインメントってどの程度日本語で見られるのですか?」というものがあります。

デルタ航空はアメリカの航空会社なので、お客様の中には日本語で見られる映画が極度に少ないのでは?という不安をお持ちの方がいらっしゃいます。このようなお声をいただくたびに、「もっとお客様にお知らせしなければ!」と反省するところです。

中距離から長距離路線では前の座席の後ろに個人用モニターが付いていますので、エンタメシステム「デルタ・スタジオ」のラインナップを、フルでお楽しみいただけます。日本発着路線の中では、グアム、サイパン、パラオの短距離リゾート路線以外の、ハワイ、アジア、アメリカ本土便がこれにあたります。

Female customer using the in-flight entertainment(IFE) while her phone is charging on the console on a Boeing 737-900ER (739).- These images are protected by copyright. Delta has acquired permission from the copyright owner to the use the images for specified purposes and in some cases for a limited time. If you have been authorized by Delta to do so, you may use these images to promote Delta, but only as part of Delta-approved marketing and advertising. Further distribution (including proving these images to third parties), reproduction, display, or other use is strictly prohibited.

機内エンタメシステム「デルタ・スタジオ」では、映画、TV番組、ラジオ番組、音楽CD音源、ゲームの幅広いコンテンツをお楽しみいただけます。オンデマンド式ですので、お好きな時間に開始し、ご自由に早送り・巻き戻し・一時停止などの操作をしていただけます。

お客様が一番関心を寄せられる「映画」に関しては、ハリウッドの新作からここ数年のヒット作、往年の名作など、様々なジャンルの映画、合計約300タイトルの中からお選びいただけます。日本語で見られる映画だけでも約100タイトルあり、どんなに長距離路線のフライトでも時間が足りなくなります。

日本語で見られる映画100タイトルのうち、約30タイトルが日本映画(邦画)になっており、オリジナルの日本語音声でお楽しみいただけます。(英語字幕付き)
なお、ハリウッドや欧米映画は、日本語吹き替えでお楽しみいただけます。

私は個人的に機内で日本映画を楽しむことが多いです。今年に入ってからは「君の名は」、「信長協奏曲」、「シン・ゴジラ」、「64-ロクヨン-前編/後編」、「植物図鑑」などを機内で見ました。8月の追加作品には「君と100回目の恋」、「ハルチカ」、「サバイバルファミリー」、「ふきげんな過去」がラインナップされています。もちろん、洋画もたいへん充実しています!

デルタ便をご利用の際は、ぜひ「デルタ・スタジオ」をお楽しみください。

*注意事項:
機内エンターテインメントのラインナップや種類は機材により異なる場合があります。ご搭乗いただいたフライトによっては上述のタイトルが含まれていない場合がありますので、その際はご了承ください。

<短距離リゾート便に関する補足>
グアム、サイパン、パラオ便は2017年7月現在、個人用モニターが付いていないタイプのボーイング757型機材の運航です。これら路線では、ご自身のスマートフォンやiPad、PCなどに専用アプリをダウンロードして見ていただくタイプの機内エンターテインメントをご提供しています。こちらでも日本語で楽しめるコンテンツが複数用意されていますので、このストリーミングサービスをぜひご活用ください。なお、デルタ・スタジオのストリーミングサービスへのアクセスの際は機内Wi-Fi料金はかかりません。

2017年7月26日
デルタ航空広報部R