テイラー・スウィフトを輩出した住宅街の名物ライブハウス

ナッシュビルのダウンタウンから車で20分ほど走った郊外にあるブルーバードカフェ。地元のショッピングセンターの一角にあり、行列を成すお客さんがいなければ見過ごしてしまいそうなほど、ひっそりと佇むライブハウスです。カフェ&レストランと一体化しており、ライブハウスというよりは音楽レストランという雰囲気のお店です。bb-gaikan

1982年創業のこちらのカフェは、テイラー・スウィフトを輩出したことでも知られています。もともとは他の歌手に提供したヒットソングを作者自身が歌う、というコンセプトだったり、売出し中の若手シンガーソングライターがライバルと一緒にステージに立ち、順番に一曲づつ歌っていく形で有名になった場所とのこと。テイラーのほかにも、キース・アーバン、キム・リッチー、トリーシャ・イヤウッド、キャシー・マティア、ダークス・ベントリー、フェイス・ヒル、
ケニー・チェズニー 等など、カントリー出身のスターが、このブルーバードカフェから巣立っていたそうです。

店内は90席ほどで、取材で訪れた日も満席でした。この小さな会場に、年間7万人の音楽ファンが訪れます。

私たちがたずねた日は、それぞれソロとして活動している若手女性シンガーソングライター4名が一同にステージにあがり、1曲づつ披露していくという「songwriters in the round」というフォーマットでした。みなギターを手に弾き語りをするのですが、4人それぞれに曲や声に個性があって、楽しめます。それぞれにファンがついていて、客席のファン同士の会話も楽しいです。
bb-singers
アーティストと観客の距離がとても近く、気軽に会話をしながらステージが進行されます。みな自作の歌を披露するため、曲が出来た背景やテーマなどを生き生きと語ってくれます。説明を聞いた後なので、曲をじっくりと鑑賞することができます。(もちろん聞き流していても楽しいです)
bb-menu
この日は火曜日。2部構成で、4人の若手アーティストの競演は午後6時から。軽食を食べて地元ビールを飲みながらのステージ鑑賞です。夜9時からはラテンナイトだそうです。ここのお店で歌うのは、シンガーソングライターのみ。楽曲を作らないで歌うだけ、という人は出られません。
skyclub-bb
余談ですが、ナッシュビル空港のラウンジ「デルタ スカイクラブ」も音楽テーマ。その壁にはブルーバードカフェをモチーフにしたアート作品が飾られています。やはりこのカフェはナッシュビルを代表する音楽べニューのようです。
hatch-bb
また、ブルーバードカフェのおしゃれなポスターは、別ブログで紹介した老舗印刷工房「Hatch Show Print」で製作されていて、ハッチのショップでは過去のブルーバードカフェポスターの一部が購入可能です。

ブルーバードカフェはダウンタウンから少し離れていますが、中心地からタクシーで15分から20分ほどで行ける距離です。音楽ファンにはぜひお薦めしたい、素晴らしいミュージックスポットです。

The Bluebird Cafe
4104 Hillsboro Pike,
Nashville, TN 37215
Social: @BluebirdCafeTN

取材日:2016年10月4日(DL広報R)