アメリカにあるパルテノン神殿

アメリカ南部の都市ナッシュビルに、ちょっと変わったランドマークがあるのをご存知でしょうか。日本では今年(2016年)はじめに、人気番組「世界ふしぎ発見」で少し紹介されたので、そこで初めて知ったという方もいらっしゃるかもしれません。
nash-shinden

街の中心部から10分ほど車で走ると、住宅街に入っていきます。閑静な地域にあるセンテニアル公園の中に、突如たたずんでいるのが、この実物大のパルテノン神殿です。

側面から見ると、こんな感じです。
shinden-1

なんでまた、ナッシュビルにパルテノン神殿があるのか、地元の観光局の方に聞いたところ、1897年に開催されたテネシー州の100年祭のお祝いとして建てたものだそうです。この建物は、世界で唯一の実物大のレプリカだそうで、材質は大理石ではなく、漆喰(しっくい)で出来ているそうです。

shinden-unchiku

神殿の中には、実物同様にアテネ女神が鎮座しており、地下はナッシュビル美術館になっており、19世紀と20世紀のアメリカ絵画を主にコレクションしているそうです。

観光客用の観光バスの停留所もありますので、ナッシュビルにお越しの際は是非お立ち寄りください。一見の価値はあります。

The Parthenon
2500 West End Avenue
Nashville, TN 37203
TEL 615-862-8431
http://www.nashville.gov/Parks-and-Recreation/Parthenon.aspx

取材日:2016年10月3日(DL広報R)