羽田-ミネアポリス直行便 就航式典を開催!

デルタ航空は10月30日より、羽田-ミネアポリス/セントポール便の運航を開始し、これまで深夜時間帯に運航していた羽田-ロサンゼルス便を昼間に移行しました。
oct30-hndmsp-crew
初便クルーによる記念撮影

これにより、デルタ航空は、羽田空港から西海岸と東海岸の両方を網羅する二つの拠点空港に就航する唯一の米国航空会社となりました。羽田-ミネアポリス便は、ミネアポリスから全米およびカナダの110都市への乗り継ぎに、羽田-ロサンゼルス便は、ロサンゼルスから35以上の北米都市への乗り継ぎにご利用いただけます。

これを祝して、本日15時15分より、羽田-ミネアポリス便の出発ゲート前にて、就航記念式典を開催しました。

就航式典にて、デルタ航空日本支社長、森本大(もりもと・まさる)は次のように述べました。「このたび、日中の時間帯に、新たな“羽田から北米”への路線を就航できましたのは、ここにお集まりの皆様のご尽力のおかげです。特に、日米両国の政府の皆様には、たいへんお世話になりました。また、本日の羽田ミネアポリスの初便にご搭乗のお客様、北米へのご旅行に、多くの航空会社がある中、デルタ航空をお選び頂き、誠にありがとうございました。羽田空港におきましては、北米路線の就航を受けて、いよいよ本格的な国際化がスタートしました。今後、2020年までに、より早く、より多くの発着枠を配分頂き、競合他社に先駆け、羽田空港から北米の主要都市への就航ができるように努力してゆきます。引き続き、皆様方のご支援を頂けますよう、宜しくお願い致します」。

また、ご来賓として、在日米国大使館 経済・科学担当公使 ニコラス・ヒル様、東京国際空港長 今込 毅(いまごめ・たけし)様、東京国際空港ターミナル株式会社 代表取締役社長 土井 勝二(どい・かつじ)様にご臨席いただき、就航に際してお言葉を頂戴いたしたのち、ミネアポリス便の機長らも加わり、テープカットのセレモニーを実施いたしました。

式典の模様は次のとおりです。_mg_8764

写真向かって左より、
デルタ航空会社 DL120 便  機長William Rohde ウィリアム・ローデ
デルタ航空会社 東京国際空港(羽田)支店長 岡崎 賢一(おかざき・けんいち)
東京国際空港ターミナル株式会社 代表取締役社長 土井 勝二(どい・かつじ)様
在日米国大使館 経済・科学担当公使 ニコラス・ヒル様デルタ航空日本支社長 森本 大(もりもと・まさる)
東京国際空港長 今込 毅(いまごめ・たけし)様
デルタ航空会社 日本地区 空港本部 本部長 田中 勇三(たなか・ゆうぞう)
デルタ航空会社 DL120 便  機長Brad Jones ブラッド・ジョーンズ

*デルタ航空の長距離路線ではパイロットが2組、4名搭乗しております関係上、機長が2名おります。

_mg_8771

また、羽田-ミネアポリス便初便にご搭乗のお客様へ、記念品としてステッカーと初便搭乗証明書をお渡ししました。
_mg_8725

式典前後はBGMとしてミネアポリスが生んだミュージシャン、プリンスとボブ・ディランの曲を流しながら、お集まりいただいたお客様にソフトドリンクを提供いたしました。

ご搭乗いただいたお客様、お集まりいただいた皆様、ご協力ありがとうございました。