すべての国際線機材に機内Wi-Fiの搭載を完了

wifi
デルタ航空はこのほど、すべての国際線用機材にWi-Fiの搭載を完了しました。これにより米国とアジア、アフリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、中東、南米を結ぶ1日200便以上のデルタ航空便をご利用お客様は、高度3万フィートの上空でインターネットに接続することができるようになります。

デルタ航空は、すべての長距離国際線でWi-Fiを提供する唯一の米国航空会社であり、世界で最も多くのWi-Fi搭載機を運航する航空会社のひとつとなります。700機近い国内線幹線用機材と180機以上の国際線用ワイドボディ機、デルタコネクションが運航する2クラスのリージョナルジェットのほぼすべてがWi-Fiを搭載し、合計1,100機以上で1日3,500便以上を運航しています。Wi-Fi搭載の国際線用機材は、ボーイング747型機、ボーイング777型機、ボーイング767型機、国際線用のボーイング757-200型機、エアバス330型機で、1日40万人以上のお客様が機内Wi-Fiにアクセスできることになります。

デルタ航空の国際線用Wi-Fiは、ゴーゴー社(Gogo)の高速Ku-バンド通信衛星テクノロジーを使用しています。2008年に国内線機材にWi-Fiの導入を開始し、2012年に国際線用機材への導入を開始しました。デルタ航空の機内Wi-Fiのポータルサイトからは、デルタ航空ホームページdelta.comに無料でアクセスすることができ、フライトの予約や変更、スカイマイル口座の残高確認、ホテルやレンタカーの予約やフライトの運航状況を確認することができます。

デルタ航空では機内設備とサービス、顧客エクスペリエンスの向上に多大な投資をしており、合計数百機にのぼる新機材の発注や機内刷新プログラムを進めています。機内刷新プログラムには、新シートの導入、エンターテインメントシステムの刷新、頭上の棚スペースの拡大、新型の化粧室、個別調整が可能な照明機器、ほぼ全ての機材でのWi-Fiサービスの提供などが含まれています。