メインキャビンで機内スリッパをご用意

デルタ航空では、エコノミークラス「メインキャビン」および足もとが広くリクライニング角度が深い「デルタ・コンフォートプラス」のお客様へのサービス向上の一環として、今年の9月15日から、日本発の米国本土路線とハワイ路線にて、機内スリッパの提供をはじめました。

日米間の長距離国際線で、全客室のお客様に機内用スリッパを提供するのは、デルタ航空が初めてです。
dl-maincabin-slipper
これまでメインキャビンのお客様には、アイマスクと耳栓が入った「スリープキット」と、機内エンターテインメント用のイヤホン、お食事サービス後に配布するペットボトルのお水を、コンフォートプラスのお客様には、それらに歯磨きセットを加えたアメニティを提供していました。新たにスリッパを加えることにより、エコノミークラスの機内での快適性をさらに高めることを目指しています。

機内用スリッパは、成田、羽田、名古屋発着のアメリカ本土路線と、成田、名古屋、関空、福岡発着のホノルル路線で提供します。2016年10月30日に新規就航する羽田-ミネアポリス線と、同日より昼間の時間帯に移行する羽田-ロサンゼルス線でも提供されます。