ザック・ポーゼンのデザインによる新ユニフォームを発表

モダン、ハイファッション、エレガンスさと機能性を融合したコレクション

コンセプトはグラマラスを再び機内に

デルタ航空はアメリカ時間10月18日、NYを拠点に活躍するデザイナー、ザック・ポーゼンが手がける新ユニフォームの発表会をアトランタで開催しました。
30100992190_35d83387fb_z
新ユニフォームは今年12月から来年初めにかけて約1,000名が試着し、そのフィードバックによる微調整後、2018年の第1四半期から、客室乗務員、空港の地上職員、整備や空港ランプ職員など、全世界の6万人以上の接客および空港勤務の従業員が着用する予定です。
dl_zp_ca_female dl_zp_ca_male

新ユニフォームのデザインは、デルタ航空の長きにわたる歴史と航空会社らしさを尊重しつつ、大胆な配色とクラシックなスタイルを融合し、デルタ航空従業員の見栄えとブランドを高めるものになっています。

Unitiform Vignettes during the Delta Runway Reveal in Atlanta, Georgia, Monday, October 17, 2016 ©Chris Rank, Rank Studios

整備やランプ職員など、お客様と直接接しない従業員のユニフォームは、ザック・ポーゼンのデザインと色調アドバイスに基づき、米アパレルメーカー「ランズエンド」が製作します。
30281536672_c781cbb390_z
ザック・ポーゼンは、ほぼ全ての部門の従業員と直接関わりながら、多様性に富んだ従業員グループと、彼らが働く様々な環境にフィットする、機能性の高いワードローブをデザインしました。それぞれのユニフォームのデザインと最終セレクションには、現場で働く従業員のフィードバックが生かされています。

Unitiform Vignettes during the Delta Runway Reveal in Atlanta, Georgia, Monday, October 17, 2016 ©Chris Rank, Rank Studios
Unitiform Vignettes during the Delta Runway Reveal in Atlanta, Georgia, Monday, October 17, 2016 ©Chris Rank, Rank Studios

Unitiform Vignettes during the Delta Runway Reveal in Atlanta, Georgia, Monday, October 17, 2016 ©Chris Rank, Rank Studios

ポーゼンのデザインは、パスポート・プラム(米国パスポートと同じ色の濃い紫色)、クルージング・カーディナル(深い紅色)、グランドスピード・グラファイト(濃いグレー色)と名づけられたメインカラーと、スカイライン・スレート(グレーがかった濃い青色)とトラベリング・シスル(薄紫、アザミ色)のアクセントカラーを組み合わせ、接客チームと整備チームのユニフォームに統一感をもたらします。

今回のユニフォーム・コレクションには、数々の繊細なディテールが施されています。例えば、女性用のトラベリング・シスル(薄紫、アザミ色)のブラウスには、シグニチャデザインであるウィング型の襟が取り入れられています。デルタ航空のロゴで、“ウィジット”と呼ばれる三角形のモチーフは、コレクション全体にアクセントとして用いられ、整備チームなど直接乗客に接しない部門のユニフォームには、アウターに目立つ形で取り入れられています。

客室乗務員と空港の旅客サービスの女性用ユニフォームには、フェミニンなフォルムのパスポート・プラム色のVネックドレスや、ペプラムセーター(フリルの付いたセーター)、ラップドレス、オットマン生地のスカート・スーツ、スウィング・ジャケット(揺れるデザインのジャケット)があります。

男性用コレクションには、グランドスピード・グラファイト(濃いグレー色)のスリーピース・スーツ、パスポート・プラム色のクルーネック・セーター、三角形のウィジットがプリントされたネクタイなどのアイテムがあります。

空港のランプエリアや整備エリアなど、屋外を含む環境で働く従業員用には、ミッドレイヤー・セーター、スリー・イン・ワンのセーフティジャケット(ANSI jacket)、速乾性のポロシャツなどがラインナップされています。

クチュールとハイファッションのデザイナーとして知られるザック・ポーゼンが、革新的な生地や素材技術を駆使して、活動量が多くで動きが早い空港や機内の環境に適したコレクションを完成させました。

デルタ航空が客室業務員や空港の地上職員のユニフォームを刷新したのは2006年で、リチャード・タイラー氏のデザインによるものでした。整備やランプ職員など非顧客サービス部門のユニフォームを変更したのは2000年が最後です。


ザック・ポーゼンについて
ニューヨーク出身で、若くしてデザインの教育を受けた。16歳でニューヨークの名門パーソンズ・スクール・オブ・デザインに学び、その後ロンドンのセントラル・セント・マーチンズに通う。2001年にモダン・アメリカン・グラマーをテーマにしたファーストコレクションを発表。クチュールの技術と新たな革新を融合させた。デビューから2年後にはファッション界の著名な賞であるアメリカファッション協議会(CFDA)アワードの「ペリー・エリス賞」を授賞。現在、ザックはその職人的なクラフトマンシップ、身体構造を重視したデザイン、テキスタイルの巧みな利用で世界的に知られています。普段着からスーツ、レッドカーペット用のイブニングウェアまで、洗練された女性らしいセクシーさ、独特な魅力に溢れています。女優のユマ・サーマン、グウィネス・パルトロウ、クレア・デーンズ、リアーナや、ミシェル・オバマ大統領夫人などに愛用されており、レッド・カーペットにも頻繁に登場しています。コレクションには、メインラインのザック・ポーゼンのほか、バッグやアクセサリー類、サングラス、靴下などの小物、毛皮、ファインジュエリーを扱うブランド(ZAC Zac Posen、Truly Zac Posen)を展開しています。

また、ファッションモデル、女優のハイディ・クルムが司会を務めるデザイナー発掘リアリティショーで、もうすぐ15シーズンを迎えるテレビ番組「プロジェクト・ランウェイ」で、ファッション・エディターのニーナ・ガルシアとともに審査員を務めているほか、ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)のウィメンズラインのクリエイティブ・ディレクターを務めています。

ザック・ポーゼンに関する詳しい情報は、フエイスブックwww.facebook.com/officialzacposen、ツイッター@zac_posen、インスタグラム@zacposen and @zaczacposenでご覧いただけます。