ボーイング社が最初に製造した747-400型機

米国東部時間2015年9月9日、デルタ航空のボーイング747-400型1号機(登録番号(レジ)N661US、機体番号6301)がホノルル発アトランタ行きのラストフライトを追え、引退しました。最終便となったデルタ836便は、満席でホノルルを定時に出発し、約8時間後にアトランタに到着しました。

6301号機は1989年12月にB747-400型機のロウンチカスタマーであったノースウエスト航空にて初飛行をしました。ノースウエストとデルタ航空の合併にともない、2008年以降はデルタ航空のジャンボとして飛行を続け、26年間の歴史の中で、東京、名古屋、大阪、ホノルル、ソウル、マニラ、アムステルダム、テルアビブなど、様々な都市を発着する路線で多くのお客様にご利用いただきました。 昨日の引退までに、地球と月を250往復できる距離に匹敵する6,100万マイル(約9,800万キロ)を飛んだことになります。

約45年前の登場以来、「空の女王」として人気を博した通称ジャンボ機は、世界でもっとも知られた航空機のひとつです。ジャンボの存在によって、海外旅行が新たな時代を迎えました。その活躍の中、そのうち超音速機に空の主役の座を取って代わられるという評論家の声もありましたが、4つのエンジンを備え、長い航続距離と座席数の多さ、スペースの広さを誇るジャンボは長きにわたり世界の空で活躍することとなりました。グラスコックピット、尾翼燃料タンク、高性能エンジン、新しいインテリアを備えたB747-400型機は、ジャンボ機の中でも「ハイテクジャンボ」と呼ばれ、それまでの通称・クラシックジャンボとは一線を画す画期的な航空機でした。

デルタ航空のB747型機チーフ・パイロットを務めるスティーブ・ハンロン機長は、「ジャンボはパイロットの間で“くじら”の愛称で呼ばれていました。くじらのように大きな体をしているのに、驚くほど操縦しやすく、速い。400人近いお客様を乗せて音速の0.86倍の速さで飛行することができる素晴らしい飛行機です」とコメントしています。

引退した6301号機は、2017年3月末より、アトランタのデルタ航空本社内にある「デルタ航空博物館」に展示されています。「747エクスペリエンス」という体験型展示として生まれ変わり、多くの航空ファンが連日見学に訪れています。

747エクスペリエンスについては、別途詳しくご紹介いたします。そして、今回の747-400型機材を見送るプロジェクトの中のメインイベント、フォトコンテストの最優秀賞に選ばれた方には、747エクスペリエンスを観にアトランタに行く旅がペアで贈られることになっています。写真を撮られる方は、ぜひフォトコンテストにご応募ください。お待ちしております。

2017年7月31日 デルタ航空広報部R

Thank you 747-400プロジェクトトップページに戻る
http://747.deltaskyinfo.jp/